Kagawa Youth hostel Assosiasion

お問合わせ

体験ホステリング IN 大洲郷土館ユースホステル
平成17年6月18日(土)〜19日(日) 実施


『体験ホステリング IN 大洲郷土館ユースホステル』レポート

平成17年6月18日〜19日

出発の前日、天気予報を見ると土曜日は晴れ、日曜日は曇りになっていたので雨具の用意はせずに準備万端出発に備えて就寝。

18日朝、6時起床。快晴。天気予報も概ね晴れ。

8時30分から受付のため8時に宇高国道フェリーの待合所に着くように自宅を出発。

8時過ぎに到着すると、すでに東京から5人の参加の方々が奥の食堂で休憩されており、話をお聞きすると昨夜8時過ぎの夜行バスに乗って朝6時半頃に高松に着いたとか。いや〜ほんとすごい!(脱帽!)

8時20分頃に清水副会長夫妻と寺岡さんが来られたので参加者の受付作業をお願いする。

佐倉さん運転の小豆島オリーブYHのマイクロが到着。9時に宇高国道フェリーを出発して高松西インターから高速道路に乗る道中で2名の参加者をピックアップして一路南予に向けて高速道路を西へ快走。

清水副会長の奥さんは昔、バスガイドの経験があり、また博学の為、道中の名所や歴史など軽妙な解説に参加者一同は退屈せずに車中を楽しんでいた。

途中、石鎚山ハイウエイオアシスで休憩を取りながら走って、昼食のために伊予インターで高速道路を降りて中山町クラフトの里で手打ちそばを食べた。ここは高速が抜けたため、お客さんがかなり減少しているそうだ。

12時50分、出発。1時40分、大洲郷土館ユースホステルに到着。

マネージャー(昔はペアレントと呼んでいた)の赤松一郎、玲子夫妻に出迎えていただいてそれぞれの部屋に案内していただいた。

すでにお茶とお饅頭、大洲名物「志ぐれ」などを用意していただいており、皆で美味しくいただいた。感謝。

大洲郷土館ユースホステルはマネージャーの玲子さんの両親が39年前に個人で蒐集した郷土の文化財を若い人達に見せたいとの思いで、設立されたそうです。館内は甲冑、駕籠、槍、薙刀や古地図、古文書、古伊万里など非常に貴重なコレクションが沢山展示されており、自ら解説をしてくださいました。

その後、大洲市在住の愛媛県ユースホステル協会、川野理事に大洲城や市内の名所や明治の町並みをガイドしていただいて夕方、メインイベントの鵜飼い時間がやってきました。

6時乗船と聞いていたため5時ごろから川原で待機していたのにお弁当が来て乗船したのは6時45分ごろ。

皆、待ちくたびれてブーイングの嵐。

川船はゆっくりと川下に向けて動き出し、やっとお弁当を広げてビールやウーロン茶で乾杯。

川面を渡る風は涼しく、音も無く流れる川舟はとても気持ちがいい。

やがて日が沈みお弁当も食べ終わった8時30分頃、上流から松明のかがり火を点した鵜匠の船が下ってきた。

かがり火の明かりに川面は鮎が集まってきておりそれを狙って鵜が素早く潜って鋭いくちばしで上手に捕まえていた。鵜匠の船と併走しながら鵜と鵜匠の繰り広げるショーを楽しんだ。

とはいっても鵜飼いショーを見たのは正味15分位のもので、待ち時間が長すぎた為に・・・であった?!

下船後ユースホステルに戻ったらマネージャーが手作りのケーキを差し入れしていただき、皆で美味しくいただきました。川野さんにも色々お土産いただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。

翌朝、早くから肱川の川原や大洲城を散歩した人が多く居たようで、すばらしい散歩コースと皆さん絶賛!

7時45分、出発の前にユースホステルの玄関で大洲城をバックにみんなで記念写真。

マネージャー夫妻に見送っていただいて『穂の里』で朝食を食べた後、8時20分に内子町へ出発。

八日市・護国町並みから内子座まで、約1.2kmを1時間ほど散策。古い町並みが大変良く残っておりすばらしい、の一言。もっと散策の時間を取っておけばと後悔した。

その後10時30分に内子町分庁舎前から松山に向けて出発し、10時50分に松山インターから高速を降りて松山城ロープウエイ街近くの秋山兄弟生誕地へ向かう。

ここには司馬遼太郎の『坂の上の雲』で有名な秋山兄弟の生家があり最近綺麗に整備されている。

その後、道後温泉街でフリータイム。各自昼食と道後温泉を楽しんだ。

12時45分、道後温泉を出発。国道を川内インターまで行き、そこから高速道路でいよ西条インターまで行く。

インターから12分でアサヒビール工場に到着。

2時から工場見学をさせてもらい、出来立てのアサヒスーパードライと黒ビールの試飲を楽しんだ。

さすが出来立てのビールは美味し〜い!!思わず4杯も飲んでしまった。(最高記録は17杯だとか。)

ショップであぶり肉や明太ソーセージなどビールのあてをお土産に買って3時40分ビール工場を出発した。

いよ西条インターから高速道路を走り高松西インターで降り5時20分に無事宇高国道フェリーに到着した。

天気が良かったわりにそんなに暑くは無く、全員無事に解散できて今回の企画、大成功!!(自画自賛)

参加者の皆さん、お手伝いいただいた皆さん、そして川野さん本当にありがとうございました。(合掌)


さあ、大洲に向かって出発
途中、石鎚山ハイウエイオアシスで休憩
中山町クラフトの里で昼食。
皆で手打ちそばを食べる
大洲郷土館YHの館内をマネージャーが説明
大洲郷土館YHのすぐ上が復元された大洲城
みんなで記念写真
おおず赤煉瓦館
明治34年12月に大洲商業銀行として建設されたもの
おはなはん通り
明治の家並
鵜飼い見物の船に乗船
お弁当を広げる
鵜匠の船にかがり火が燃える
明かりに鮎が川面に浮いてくる
翌朝、出発前に大洲郷土館YH前で大洲城を望む
内子町八日市・護国町の町並み
内子座
大正五年に建てられた歌舞伎劇場
司馬遼太郎の『坂の上の雲』で有名な
秋山兄弟の生誕地(生家)で観光マドンナと


〒760-0031 香川県高松市北浜町1の1 宇高国道フェリー 2階
         電話 087-811-0155  FAX 087-811-0065
E-mail       
     窓口時間 火曜日〜金曜日(土・日・月曜日、祭日は休み)午前11時〜午後4時まで