ユースホステル運動50周年記念
「天涯の華」のキレンゲショウマと剣山の名水を訪ねて

2001年8月5日(日)実施



参加レポート


香川県ユースホステル協会事務所前に6時30分集合、6時45分出発予定だったので少し前に到着すると、参加者の方々はほとんど来られていた。

参加者24人の申し込みでキャンセルはなし。

予定通り6時45分に出発。

途中で参加者の東原夫妻をピックアップし一路剣山へ向かった。

塩江街道を北上し、徳島へ入ったころにみんなでマイクを廻し自己紹介する。

今回は関東エリアから9人の参加があり、関東エリアから参加する為の苦労話などユースホステル協会の行事を企画する上での貴重な意見を伺った。

バスは剣山の山道に入り九十九折れを繰り返しながら9時30分ごろ剣山登山リフトの見の越駅の駐車場に到着した。

この地点は標高1420mで、ここからリフトで山頂手前の西島駅(標高1750m)へ向かった。(剣山の標高は1955m)

西島駅の気温、18度 山頂の気温16度。今年の暑さからすれば別天地のようだ。

リフトを降りると、今回のガイドをお願いしている「剣山頂上ヒュッテ」のオーナーで剣山の環境保全に力を注いでおられる新居網男さんが待っておられた。

新居さんの先導で登山開始。

途中、可憐な花を咲かせている高山植物を解説付で観察しながら、今日のメインイベントのキレンゲショウマ(黄蓮華升麻)が群生しているエリアへ案内していただいた。

多少散っている花もあるが、蕾と開花しているものがほとんどで、絶妙のタイミングでキレンゲショウマの花を思う存分楽しめたと思う。

その後、12時15分に「剣山頂上ヒュッテ」に到着、そこでお昼ご飯をいただいた。

昼の休憩の後、1時から新居さんの案内で山上の平家の馬場や1955mの三角点、自然保護の話等々レクチャーを受けながら今度は西島駅に向かって下りだした。

途中、大剣神社のご神体の下から湧き出ている御神水を参加者全員で味わい、ペットボトル等に詰めてお土産に持って帰った。(この水は名水百選に選ばれている)

歩きで火照った体には、とても冷たくおいしい水でした。

しばらく下ると西島駅に到着。

新居さんの“また来てください”の挨拶のあと、一人ずつリフトに乗り、一人一人握手で送ってくれた。感謝!!

リフトは約15分で見の越駅に到着。

しばらく休憩の後、バスが3時に出発。

途中、天然温泉の“木綿麻(ゆうま)温泉”に入泉して、登山でかいた汗を流し気分もさわやかに一路高松へ向かって帰路についた。

6時45分、ほぼ予定通り香川県ユースホステル協会事務局前に到着した。

全員事故もなく無事に行事を終えることができました。

参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

*参加者の皆様へのお願い

今後の行事の内容充実の為、簡単で結構ですので香川県YH協会まで、今回の行事に参加した感想をお寄せください。よろしくお願いいたします。



バスの中で出発の挨拶をする
香川県ユースホステル協会の
清水副会長
出発してすぐの参加者の皆さん
これからの予定を説明している
香川県ユースホステル協会の
倉田理事長。
剣山への途中、休憩に寄った名勝地「土釜」
名勝「土釜」で休憩。
見の越駅「標高1420m」 
リフトへ乗る為に並ぶ。
登りのリフトから剣山を望む。
リフトの西島駅「1750m」 
講師役の新居網男さんが待っていてくれた。
出発に先立って新居さんの歓迎の挨拶をいただいた。
ハナウド
山野の川岸など湿ったところに生える多年草。
茎は高さ1〜2メートル。
開出毛が密生する。
葉は3出複葉で茎葉の小葉は3〜5個。
両面に毛がある。
花序は直径約18センチ白色の小さな花に蜜をつける。
花期は5〜6月。
シコクフウロ(四国風露)
途中の分岐で休憩。
これからキレンゲショウマ(黄蓮華升麻)の
群生地へ向かう。
ヒメフウロ(姫風露)
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)の群生地は
細い道を1列に並んで進む。
イブキトラノオ
だと思うのですが・・・。
わかったら教えてください。
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
新居さんの説明を受ける参加者の皆さん。
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
剣山の高山植物
名前は何でしょう?
教えてください。
剣山の高山植物
名前は何でしょう?
教えてください。
参加者全員で昼食をいただく。
(剣山頂上ヒュッテにて) 
昼食風景
昼食風景
昼食風景
昼食風景
剣山頂上ヒュッテから徳島方面を望む。
剣山頂上ヒュッテの玄関先。
ここの気温は16度。
日差しは強いが日陰に入るととても涼しい。
剣山頂上ヒュッテ前の展望台から高松方面を望む。
視界が良いと高松の屋島や、瀬戸大橋が遠くに見える。
剣山の頂上の三角点の説明を受ける。
標高1955mの地点。
頂上での記念写真。
剣山国定公園の標識の前で。
後ろの石組みの真ん中が1955mの三角点。
正面の大きな岩が大剣神社の御神体。
大剣神社本殿。
後ろにそびえる岩が大剣神社の御神体。
大剣神社の御神水。
大剣神社から数十メートル下ると御神水が湧き出ている。
大剣神社の御神水。
備え付けの漏斗としゃくで
ペットボトルや水筒にいただく。
大剣神社の御神水。
この水は名水百選に選ばれており
冷たくてとてもおいしかった。

1年ほど保存していても腐らないそうだ。
新居さんにリフトの駅まで送っていただき
全員でお別れの挨拶をする。
リフトに乗った我々一人一人、握手で送ってくれた。
下りのリフトに乗って見の越駅を見下ろす。
とてもすがすがしくて気持ちが良かった。
途中、木綿麻(ゆうま)温泉で汗を流して
さっぱりした表情の参加者の皆さん。
お疲れ様でした。