Kagawa Youth hostel Assosiasion


『天涯の華』のキレンゲショウマと剣山の高山植物を訪ねて
剣山の華キレンゲショウマと高山植物を訪ねる会
平成16年8月8日(日)実施



 宇高国道フェリー前から6時30分出発予定だったので少し前に到着すると、参加者の方々は全員来られていた。

 参加者24人の申し込みでキャンセルはなし。

 予定通り6時30分に出発。

 途中、塩江の手前で参加者6人をピックアップし一路剣山へ向かった。

 塩江街道を北上しながら、みんなでマイクを廻し自己紹介する。

 今回は東京からから1名、兵庫から1名の参加がありました。

 途中、道の駅『夏子』でトイレ休憩。

 バスは剣山の山道に入り九十九折れを繰り返しながら『土釜』で休憩をしながら9時15分ごろ剣山登山リフトの『見の越駅』駐車場に到着した。

 この地点は標高1420m。

 ここからリフトで山頂手前の西島駅(標高1750m)へ向かった。(剣山の標高は1955m)

 西島駅の気温、18度 山頂の気温16度。半そでの軽装では寒いくらいで今年の暑さからすれば別天地のようだ。

 リフトを降りると、今回のガイドをお願いしている「剣山頂上ヒュッテ」のオーナーで剣山の環境保全に力を注いでおられる新居網男さんが待っておられた。

 新居さんの先導で登山開始。

 途中、可憐な花を咲かせている高山植物を解説付で観察しながら、今日のメインイベントのキレンゲショウマ(黄蓮華升麻)が群生しているエリアへ案内していただいた。

 途中大粒の雨が降ったりやんだりしてガスも出たがキレンゲショウマの花は蕾と開花しているものがほとんどで、絶妙のタイミングでキレンゲショウマの花を思う存分楽しめたと思う。

 その後、「剣山頂上ヒュッテ」に到着、そこでお昼ご飯をいただいた。

 昼の休憩の後、新居さんの案内で山上の平家の馬場や1955mの三角点、自然保護の話等々レクチャーを受けながら今度は西島駅に向かって下りだした。

 途中、大剣神社のご神体の下から湧き出ている御神水を参加者全員で味わい、ペットボトル等に詰めてお土産に持って帰った。(この水は名水百選に選ばれている)

 歩きで火照った体には、とても冷たくおいしい水でした。

 しばらく下ると西島駅に到着。
 
 新居さんの「また来てください」の挨拶の後、リフトに乗る我々を見送ってくださった。

 リフトは約15分で見の越駅に到着。

 バスに乗り込み出発。

 途中、天然温泉の「木綿麻(ゆうま)温泉」の入泉して、登山でかいた汗を流し気分もさわやに一路高松へ向かって帰路についた。

 6時30分、ほぼ予定通りJR高松駅、そして宇高国道フェリー前に到着した。

 全員事故もなく無事に行事を終えることができました。

 参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 香川県ユースホステル協会
 赤松 正章

 *参加者の皆様へのお願い

 今後の行事の内容充実の為、簡単で結構ですので香川県YH協会まで、今回の行事に参加した感想をお寄せください。よろしくお願いいたします。

写真アルバム
集合場所の宇高国道フェリー乗り場
受付風景
みなと観光のバスで出発
松岡副会長の挨拶
清水実行委員長挨拶
参加者の皆さん
剣山の見の越し駅でリフトに乗る為に並ぶ
登りのリフトに乗って頂上付近を望む
あいにくガスで山頂が見えなかった。
西島駅で出迎えてくれた剣山山頂ヒュッテの新居網男さん。
今回の剣山のガイドをお願いした。
新居網男さんの歓迎の挨拶
さあ、出発!
途中高山植物のレクチャーを受ける
シコクフウロ(フウロソウ科)
ギンバイソウ(ユキノシタ科)
キレンゲショウマ(ユキノシタ科)
キレンゲショウマ(ユキノシタ科)
キレンゲショウマ(ユキノシタ科)
剣山頂上ヒュッテの食堂で昼食をいただく
剣山頂上ヒュッテの食堂で昼食をいただく
剣山頂上ヒュッテの食堂で昼食をいただく
剣山頂上ヒュッテの玄関前
剣山の頂上(1955メートル)
頂上で記念写真
大剣神社の下から湧き出している御神水を水筒へ
冷たくてすごくおいしい
西島駅まで降りてきて新居さんにお別れのご挨拶
下りのリフトから見の越駅を見下ろす
恐ろしいほどの絶景!
JR高松駅に到着
お疲れ様でした!


〒760-0031 香川県高松市北浜町1の1 宇高国道フェリー 2階
         電話 087-811-0155  FAX 087-811-0065
E-mail        akamatu99@excite.co.jp(ホームページ関係)
     窓口時間 火曜日〜金曜日(土・日・月曜日、祭日は休み)午前11時〜午後4時まで